山本 修路

作家。

多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。

庭師のバックグラウンドを持ちながら、大自然と人間の関わりを

テーマに日本各地でフィールドワークを続け、農作から携わる酒造、

メープルシロップづくりから林業についての考察など、その活動は多岐にわたる。

青森県内での活動として、十和田市現代美術館に彫刻作品を恒久設置(2008年)、「Aomori Spring Sprout展 ―青森 春に芽吹く光―」(青森県立美術館県民ギャラリー、2022年)に参加。

酒プロジェクト 2019-2020 (8年目)

メープルプロジェクト 樹液採取風景

茶畑に建てた方丈

ブナ

2019

キャンバス、アクリル塗料

100×80×3cm 

©️ 2020 The Society for Landscape Observation and Research. All Rights Reserved.