新津保 建秀

写真家。

東京藝術大学大学院美術研究科油画修了。博士(美術)。

写真、ドローイング・映像・フィールドレコーディングなどによる制作を行う。

主な作品集に、池上高志との共作『Rugged TimeScape』(FOIL、2010年)、『Spring Ephemeral』(FOIL、2011年)、『\風景』(角川書店、2012年)など、近作に、詩人の立原道造(1914-39)が生前に構想した別荘を主題とした「往還の風景_別所沼公園」(さいたま国際芸術祭2020、2020年)などがある。

往還の風景(2016)

無題(2018)

出雲(2017)

©️ 2020 The Society for Landscape Observation and Research. All Rights Reserved.