大庭 ゆりか

生態学者。

京都大学フィールド科学教育研究センター森林生態系部門研究員。

広島大学大学院リーディングプログラム放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム修了、博士(学術)。

専門は、森林生態学、環境科学。異なる生態系間の相互作用や生物と環境の関係性の解明をテーマに研究を行っている。

調査地の森にて。

足下に目を向けてみると、小さな世界が広がっている

トチの実とふかふかのコケの共演も、生態系の一コマ。

よく目を凝らしてみると…。

こちらも枯れ葉を使い、上手に身を隠していた。

©️ 2020 The Society for Landscape Observation and Research. All Rights Reserved.